すべらない BLOG

帽子(キャップ)を洗濯してできたシワを綺麗に伸ばす方法

スポンサーリンク

帽子を綺麗にするのは難しい

帽子(キャップ)を洗濯したら、型崩れするので洗いたいけど洗えない人や実際に洗ってしわくちゃになり後悔している人は多くいるはずです。

IMG_7517

そこで今回は、帽子を洗濯して出来てしまったシワを綺麗に伸ばす方法をお伝えしたいと思います。

夏場でなくても、帽子は頭の汗を多く吸収しているので型崩れを恐れて全く洗わないというのは衛生上、良くありません。

素材によりけりだと思うのですが、普通の帽子であれば、この方法でしわくちゃから復活することができます。

スポンサードリンク

帽子のシワを伸ばす手順書

1.まずは花王のキーピング、スチーマーアイロンを準備します。スチーマーアイロンは帽子の内側にヘッドが入るものがいいです。

2.まずはアイロンスチーマーを使って内側からシワを伸ばしていきます。普通のアイロンと違って先が細いので内側から当てていけます。

IMG_7529

3.次にキーピングを少し離した位置から、帽子の内側、外側の全体にスプレーしていきます。

IMG_7537

4、そして再度、アイロンスチーマーを防止の内側を重点的に当てていきます。(繰り返すほど強力になっていきます。)

如何でしょうか?帽子のしわが伸びてパリッと形が整っています。買ったばかりの状態に戻すことができました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

DR8085J0 ティファール(T-FAL) 衣類スチーマー T-FAL アクセ…
価格:8424円(税込、送料無料) (2018/1/15時点)

 

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Return Top