すべらない BLOG

ユーチューバーになりたい人の教科書!小中学生は、まだ早い!

スポンサーリンク

子供の将来の夢がユーチューバー?!

大阪のとある小学校の4年生男子に将来の夢を調査したところ、なんと3位にユーチューバーが入ったそうです。1位はサッカー選手、2位医者、4位公務員だそうです。

 

3位以外は僕らが子供ころとあまり変わらない(でも昔は、サッカー選手より野球選手が人気でしたけどね)ですよね。

 

最近、ヒカキンだのなんだのとテレビに出てくる人もいるので知っている人は多いかもしれませんが、4年生男子の将来の夢である「ユーチューバー」は、インターネット上の動画共有サービスである『YouTube』に動画を投稿し、広告収入を得る人のことです。

 

動画を観られた回数により収入が変わるので注目されると大きな収入になります。世界中で動画が再生されたピコ太郎がいい例ですね。PPAPの動画だけで2000万円~3000万円を稼いだといわれています。70歳以上の人は理解できないかもしれませんね。

 

新たな収入を得る可能性が広がったことは良いことだと思うのですが、小学生、中学生がユーチューバーをその歳から目指そうとするとデメリットに気づかず動画投稿をしたりするので問題になる場合が多々あります。

 

高い所から飛び降りたり、他の子のズボンをずらしたり、スカート捲りをしたり「有名なユーチューバーは1億円以上稼いでいる!僕はユーチューバーになる!」と、勉強しない子まで出てきているようです。

 

でも、ユーチューバーになるとしても基本的な勉強は必要です。頭が悪すぎるとユーチューバーになっても稼げませんからね。大人が子供にしっかりとデメリットを伝え、将来路頭に迷わないように指導しないといけません。

image

大人がユーチューバーを目指すのはアリ!

子供の時からユーチューバーを目指すのは反対ですが、大人になって情報発信のひとつのツールとしてYouTubeを活用するのは個人的にありと考えます。個人でTV放送局をもっているのと同じですからね。

 

10〜20年後は、約半分の仕事がコンピューターにとってかわられるといわれています。たいへんな時代ですね。タクシーの運転手、スーパーのレジ打ちなどマスターすれば、誰にでもできる仕事はなくなります。

 

そんな時代になるのであれば、価値ある情報を発信できるユーチューバーの方が生きていける可能性は大きいです。今のうちから将来を見据え子供と将来の仕事について話し合うこともいいかもしれません。

 

家族みんなでYouTubeを使って情報発信をし収入を得ていくのもいいかもしれません。家族の絆も深まり間違ったこともしなくなるので楽しいですよね。

 

YouTubeで収入を得る方法は、今のところ学校もないので教材を買って学ばなければいけません。家族でYouTube教材を買って勉強するのもいいですね。お父さんのチャンネル、お母さんのチャンネル、おじいちゃん&おばあちゃんのチャンネル、どのチャンネルが一番収入が上がるのか?

 

家族みんなで“稼ぐ”という新しい家族の形かもしれません。年金も不要なほど稼げればいいですね。一応、今一番ネットで売れているYouTubeで収益を上げるための教科書の販売サイトを紹介しておきます。関心がある人は、ぜひご覧ください!

YouTubeの教科書★トレンドマーケティングの説明はこちら

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top