すべらない BLOG

常連がピコ太郎的発案!?業務スーパー『チョコババロア』アレンジ

スポンサーリンク

大人数が集まる時のデザート『チョコババロア』

ホームパーティーなど大人数が集まる時に重宝されたり、大家族に非常にウケがいいのが、紙パックに入った業務スーパーのビックなスイーツシリーズです。

img_4527ビックな1kgのチョコババロアで、なんと!1つ当たり7人から8人分の量があります。

 

今回は新しく、いつのまにかシリーズに追加されていた『チョコババロア(1パック267円)』のご紹介です。すでに多くの人がチョコババロアの美味しさをブログで紹介していますので、チョコババロアのアレンジ方法にします。

img_4526業務スーパーの『チョコババロア』との出会いは突然でした。いつものように業務スーパーに行って商品を物色しておりましたら、なにやら美味しそうなスイーツを見つけました。

 

業務スーパーの紙パックスイーツの新ネタ『チョコババロア』です。僕はチョコは好きなので迷いなくこの商品を購入しました。

img_4530紙パックのスイーツとは、牛乳パックの形で販売されている業務スーパーがおすすめしているスイーツです。

 

「チョコババロア」の他にマンゴープリン、オレンジゼリー、コーヒーゼリー、水ようかん、杏仁豆腐、レアチーズ、カスタードプリン、アセロラゼリーなど様々な種類が売られています。どの商品もコスパがよいです。

スポンサードリンク

ピコ太郎的なチョコババロアをアレンジ方法

この『チョコババロア』は、ムースのようにもっちり濃厚なチョコレートで意外にも高級感あるビター系チョコの味がします。

img_4527特に甘ったるい感じはしないのですが、チョコの味がよい意味で濃いので一人で4分の1食べることができたらかなりすごいと思います。美味しいのですが、途中で飽きると思います(笑)

 

カロリーは、100グラムあたり174kcal。1本まるまる食べたら1740kcalです。太りたくない人は近づかないでください!!

 

そこでさらに美味しく食べるためのアレンジ方法などを考えたいところなのですが、基本的なアレンジは商品の側面に記載されているのでそちらが参考になると思います。

img_4525上の写真のように王道のアレンジは、簡単レシピ付きで記載されていますので安心してください。ババロアを溶かして好きな型に入れて冷やすと固まります。タルトやケーキにアレンジできます。

 

僕はアレンジを考える時は、食感を楽しみたいと考える派です。メインのものが柔らかいものだと硬い食べ物ものを、硬いものだと柔らかい食べ物を組み合わせたくなります。

 

業務スーパーのチョコババロアは、ムースのようにもっちり柔らかな濃厚チョコレートですので、サクッとした硬めの食感の食べ物を合わせたくなりました。

img_4531あっ!!目の前に昨日の朝食で余ったシスコーンがあるじゃないですか!しかもチョコ味が・・・。「これはいける!!」と勝手に確信しました。たしか、ピコ太郎も手に持っていた『ペン』と目の前にあった青森の『リンゴ』を「フンッ!!」「アポーペン!」としましたよね。

img_4534チョコババロアにシスコーンをふりかけて食べてみました。「うんっ!」「うまい!」「シスチョコババロアコーン!」これにバニラアイスがあれば完璧ですね。みなさんも色々なアレンジを楽しんでみてください。

image2僕の『考え』とはズレてしまいますが、このチョコババロア、バナナにつけても美味しいかも?「フンッ!!」「バナナチョコババロア!!」ネッチョリ甘すぎるかな・・・。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top