すべらない BLOG

【新提案】便器の水のたまるところの黄ばみの落とし方

スポンサーリンク

便器の黄ばみの原因

定期的にトイレ掃除をしていても、いつのまにか汚れているのが便器の黄ばみではないでしょうか?通常のトイレ掃除ではとれないので放置され便器はさらに汚れていきます。

 

黄ばみの主な原因は尿石です。

 

尿石とは、尿に溶けているカルシウムイオンが濃縮および炭酸などをし、カルシウム化合物として便器の内部に付着したものです。

 

便器についた尿石を放置すると「黄ばみ」となってしまい、非常に取れにくい汚れとなります。

 

できれば、黄ばみができる前に尿石を取りのぞかなければなりません。しかし、気づかないうちに黄ばみができてしまいます。

 

黄ばみは基本的にアルカリ性です。アルカリ性の汚れは酸性で中和すれば落とすことができます。

 

ですので、酸性洗剤のサンポールなどが効果を発揮するといわれています。汚れの特性をしっかり把握しておけば、スムーズに汚れを落とすことができます。

洗剤では落とせない便器の黄ばみ

今回は、サンポールがない方、サンポールや手持ちの洗剤では便器の黄ばみが落ちなかった方に新たな黄ばみの落とし方を提案します。

 

それはホームセンターやカー用品店で販売されている液体コンパウンド(極細もしくは超極細)と使っているトイレ洗剤をミックスして使うというものです。

 

汚れの程度にもよると思いますが、少々力を込めてブラシで擦れば、写真程度のよごれならピッカピッカになります。

スポンサードリンク

黄ばみの落とし方の手順

1.便器の水のたまるところに頑固な黄ばみを発見!!油断するとすぐに出てきます。

image15

2.液体コンパウンド(極細もしくは超極細)を準備します。

image25

3.ブラシに洗剤とコンパウンドをたっぷりとつけます。

img_4210

4.頑張ってゴシゴシと磨いていきます。黄ばみが取れてなさそうな時は、さらにコンパウンドを便器に流し込みます。

img_4211

5.なんてことでしょう!トイレ洗剤では落ちなかった水のたまるところの黄ばみが落ちています。

image17

たまに、トイレの黄ばみはサンドペーパーで磨けばいいと書かれているサイトなどを見かけますが、サンドペーパーは便器を傷つける可能性があるのでやめてください。

 

『液体コンパウンド+トイレ洗剤』の方が便器も傷をつけずに黄ばみを落とすことができます。歯磨きでたとえると研磨剤入りの歯磨き粉のイメージに近いですね。

コンパウンドは楽天でも販売中

車のキズ消しにも使えます。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top