すべらない BLOG

爪水虫 治った!dr.g’s クリアネイルの成分について

スポンサーリンク

こちらの爪水虫薬のランキングサイトにもあるように爪水虫の薬の種類も昔に比べ増えてきているようです。

 

どれを買うか迷いますね。ただ、僕はdr.g’s クリアネイル推しです。このブログにも以前から書いているように個人的にブログ訪問者さまにお勧めしたいのはdr.g’s クリアネイルです。(ドクタージークリアネイルとも書いてある場合があります)

 

飲み薬でないと治らないという人もいますが、家族や友達が悩んでいたら絶対にドクタージークリアネイルをすすめます。(病院に行けるのならそれが一番であることはいうまでもありません。)

 

なぜ、そこまでお勧めするのか・・・。それは、自分の爪に実際に使用してみて効果を実感できたからです。同じ悩みで悩んでいる人がいるならアドバイスしてあげたい・・・ただそれだけです。

 

個人的に忙しい中、爪水虫で病院通いをしたくない人とか多いと思うですよね。これは、アメリカの爪水虫専用の薬ですが通販で買えます。

image9僕も爪も菌にやられて白色に変色後、変形のステージに入りそうなときにdr.g’s クリアネイルに出会い難を逃れました。

image6ただ、ぼくがズボラナ性格である程度治ったところで満足してしまって途中からdr.g’s クリアネイルを毎日塗らなくなったので完璧には治っていません。

 

仕事が忙しいんですよね。長期出張とかあるし(言いわけ・・・)

 

説明書通りに毎日塗れば本当にきれいな爪に戻すことができると思います。写真を見れば分かりますよね。dr.g’s クリアネイルを1本使用したところです。

img_40281本で毎日塗っても半年ぐらいは使えます。僕みたいに2本買っておけば1年分ですので爪が生え変わり完治します。

img_3581爪水虫で悩んでいる方も多いようで、ブログを見ていただいた方からdr.g’s クリアネイルの成分は何ですか?爪に浸透する強さがあるそうですが、肌が荒れたりしないですか?と質問を受けました。

 

正直、商品のパッケージは全部英語ですから何と書いてあるかも分かりませんし、分かったとしても専門家でないので薬剤の種類、名前など分かりません。

img_3785550とりあえず、パッケージの裏にある成分を記載していそうなところをグーグル翻訳で訳してみました。薬剤の事実・・・題名ですでにおかしな日本語になっています。

英語

DrugFacts
active ingredient purpose
Tolnaftate Antifungal

water(Aqua) Caprylic/Capric Triglyceride,Isopropyl Palmitate, Polyquatemium-37,PropyleneGlycol Dicaprylate/ Dicaprate ,Cocamidopropyl Betaine,Benzethonium Chloride, Cocamido propylamine Oxide,Allantoin,PPG-1 Trideceth-6,Cetrimonium Chloride, Didecyl dimonium Chloride, Quaternium-15, Pentaerythrityl Tetra-di-t-butyl Hydroxyhydrocinnamat

日本語

薬剤の事実
有効成分の目的
トルナフテート抗真菌

水(アクア)カプリル/カプリン酸トリグリセリド、パルミチン酸イソプロピル、ポリクオタニウム-37、プロピレングリコールジカプリレート/ジカプレート、コカミドプロピルベタイン、塩化ベンゼトニウム、コカミドプロピルアミン酸化物、アラントイン、PPG-1トリデセス-6、セトリモニウムクロリド、ジデシルジモニウムクロリド、クオタニウム-15、ペンタエリスリチルテトラ – ジ-t-ブチルヒドロキシヒドロ

 

よく意味がわかりませんが、参考になったでしょうか?肌荒れについては、僕の場合まったくありません。どこの部位につけても何もありませんでした。dr.g’s クリアネイルは、安全です。

 

最後に注意点として、dr.g’s クリアネイルはブランド品のように偽物が出回っています。正規代理店サイト以外からの購入は大変危険ですので、そこだけご注意ください。正規代理店のは販売サイトにリンクだけ掲載しておきます。

おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G’s クリアネイル」はコチラ

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top