すべらない BLOG

『からつバーガー』の中身と特徴を解説!唐津のおすすめB級グルメ

スポンサーリンク

ご当地バーガーといえば『からつバーガー』

『虹の松原』という松に囲まれた道のところに何ヶ所かの駐車場があるのですが、その下り線の駐車場の一角にあるというお店です。

image看板やのぼりが出ているので、よっぽどボケーっと運転しない限りは通り過ぎる人はいないと思います。

 

マイクロバスを改造した店舗とその横ににワゴンが1台で営業していて、マイクロバスの方に厨房がありそこで作っているという感じです。

image3メニューはハンバーガーが4種類と飲み物しかなく、今回はその中のスペシャルバーガーというハンバーガーを注文しました。1個490円です。

 

ハンバーガーを注文して代金を支払い、車の中で出来上がりを待つという販売方法です。しばらく待っているとそこに店員さんが持ってきてくれます。サービスとしてはなかなか良いのではないでしょうか。

image2ですので、注文する時に車のナンバーを聞かれますので自分の車の番号は知っておきましょう。知らないと、人が並んでいるときは確実に迷惑な人になります。

 

通常の出来上がりまでの待ち時間は、5分少々ですが混み合っているとき(マイクロバスの周りの駐車場が埋まっている時)は注文してから15分ぐらいは掛かりますので注意が必要です。

スポンサードリンク

からつバーガーの特徴

一般的なハンバーガーは、防水の紙で包んであるところが多いと思うのですが、からつバーガーは通常のナプキンでハンバーガーが包んであって、その他にビニールの袋に入っています。ちょっとレトロなのが逆にいい感じです。大きさはマックより少し大きめです。

IMG_3814味に関して一番の特徴は、「リョーユーパン」から仕入れているというバンズではないでしょうか?(バンズとはパンの部分です。)しっかりしたタイプのやや固めで、焼き加減が上手で表面がサクッとしています。(対馬バーガーのバンズがこれだったら最高なんですけどね。)

IMG_3815次にパンズの内側に塗られているソースのバランスが絶妙で、美味さを引き立てていました。からつハンバーガーの中身はレタス、ハム、ハンバーグ、プロセスチーズチーズ、ハム、卵が挟んであります。卵は目玉焼きのようになっています。

IMG_3824味付けは、シンプルに塩コショウでしてあります。ですので中身については、あまり特徴がないと思います。個人的にはレタスをもう少し入れて肉汁系のハンバーグが入っていれば・・・。(中身は対馬バーガーの方が美味しいかな)

IMG_3828地元の「唐津バーガー」ファンの間では、唐津バーガーのオリジナルミルクが人気だそうです。食べる前に知っていれば飲んでいたんですけどね。

IMG_3830唐津に行った際はぜひ食べてみてください。公式のホームページはなく、食べログ情報によると営業時間は10:00~20:00のようです。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top