すべらない BLOG

ワード(Word)で段落の改行で少しだけ間をあける方法

スポンサーリンク

マイクロソフトのエクセル(Excel)やワード(Word)使えこなせていますか?やり方が分らない時、ネットで調べたりしてその時は分ったとしても、また忘れたりしますよね。(-_-;)

 

今回は、僕自身の備忘録としてブログの記事に残したいと思います。

 

ワードで文章と文章の間、いわゆる『段落』のところを少しだけ間を開けたい時ってありませんか?この隙間があるだけで、とても見やすくなるのでかなり重要な“隙間”です。

 

この『段落と段落の間の隙間を少し開ける方法』を今回は伝授したいと思います。まず、普通に文章を書くと下記の画像のように段落と段落の間は詰まっています。

スポンサードリンク


image11段落というのは改行のマークが入っているところですね。右端でEnterを押す人がいますが、そうすると文章の途中であったとしてもパソコンは改行と認識するので、Enterで改行するのは、必ず段落が変わる時にしましょう。

image22どうしても、段落途中で改行したい場合はShiftを押しながらEnterを押せば改行にはならずに段を下げることが可能です。上の画像のように段落に間を取ろうとし改行を入れると間が開き過ぎとなります。

image33そこで対象となる文章を範囲指定し、右クリックしてメニューを出します。文章全体で設定してもいいですし、一部分だけ設定してもいいということです。

image44そのメニューの中に段落があるので、これをクリックして選択します。

image55インデントと行間隔の間隔の段落後(F)の数字を0.5行(任意)にします。(直接「0.5行」と入力してもOKです。)

image66上の画像を見てください。とても見やすくなり美しくなりました。訪問者さまの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top