すべらない BLOG

呼子でイカを安く食べる方法!穴場的お店も紹介!

スポンサーリンク

朝から海釣り公園に行って釣りをしたのに一匹も魚が釣れなかったので、そのまま唐津方面まで車を走らせました。おそらく魚が釣れていたら、それを帰って食べていたと思います。

 

唐津まで行くとその先にイカで有名な『呼子』があるので勢いで行くことにしました。呼子と言えば「イカ!」イカと言えば「活き造り!」活き造りと言えば「高い!」そんなイメージです。

 

イカの活き造りなんかフラッと立ち寄って食べるようなものではないのですが、「ここまで来たら食べるしかない!」となぜか強気になってしまい。食べるまで帰らないぞ!という気持ちになってしまいました。(気持は強くてもお金はない・・・)

 

そこで安くイカを食べたい僕は、スマホで「呼子 イカ 安い」「呼子 イカ 穴場」「呼子 イカ 定食屋」・・・など一生懸命に検索したのですが、そのような『神』のような店(スポット)はありません。あたり前ですね。高くても売れるんですから。(笑)

 

ネットの情報で一番安かったのは、中洲や博多駅にもあるイカで有名な『河太郎(呼子店)』イカ丼だということが分かりました。1000円(税込)です。「丼か~~。」と少し寂しい気持ちになりながらも、4人で食べても4000円ならいいじゃないか!と河太郎(呼子店)に向かいました。(後日、河太郎にいった話

image6しかし!16時ぐらいに到着したのですが、「本日は終了!」と看板があがっています。「なんだよ!!せっかく来たのに!!」少し怒りがこみ上げてきました。(笑)でも、さすがは人気店!イカがなくなったのでしょうか??夕方には終わっていました。

image7そこで、次の店を探しました。行ったのは車で河太郎(呼子店)の500m先にある『漁火』というお店です。(本当は、となりの呼子ロッジに行ったのですが宿泊者しか食事できないとのことです。)

1111111mage10呼子では、河太郎の他に『海舟』、『イカ本家』、『玄海』などが有名で『漁火』は検索候補にも出てこないので少々穴場的なお店となります。が、ゴールデンウィークなどの連休になると河太郎に行けなかった人が流れてくるので、こちらも1時間待ちになります。

スポンサードリンク

本日は、連休の中日ということもあり店から人があふれていました。「ぜったいにイカを食べて帰る」という強い気持ちでしたので1時間半ぐらい待ちましたが思ったよりストレスはありませんでした。

IMG_3238

今回、漁火で食べたのが『イカ丼』です。1600円(税別)です。14時までは1000円でランチがあるのですが、すでに夕方なので食べることはできません。呼子でランチタイムを過ぎた後、一番安いイカ料理を食べようとするなら『イカ丼』になります。

IMG_3237しかし、そこからドラマが待っていました。安くあげたいから注文したイカ丼だったのですが、これが「めっちゃ~う~ま~い~~!」と感動の一品になることは、誰も予想できませんでした。

 

注文してからも少々待ったのですが出てきたのがコレ!透き通るようなイカが、ご飯に乗ったイカ丼です。お吸い物、茶碗蒸し、漬物などがセットになっており、ごまだれを掛けて食べるようになっています。

IMG_3240これが本当、最高の味、歯ごたえ、文句のつけようのない最高のイカ丼でした。これは、正直な話、イカ丼を食べるために呼子に来ていいと思えるほどの味でした。呼子と言えば「イカ!」イカと言えば「生き造り!」と言いましたが「違います!」イカと言えば「イカ丼」です!!

IMG_3241絶対に、また食べに行こうと思いましたし、他の呼子にあるお店のイカ丼はどんな味なんだろう??と興味が出てきました。それぐらい感動の食事をすることができました。1時間以上待ったかいがありました。

IMG_3243(正直な話、我慢しきれず一人分だけイカの活き造りを注文しました。2500円(税別)です。活き造りは、確かにおいしい!ですが、初めて食べたわけでなかったのでイカ丼の感動を超えることはありませんでした。最後に、てんぷらが出てきたとしても(笑)イカ丼様には勝てませんでした。

 

追記

 

数ヵ月後、自宅でイカ丼(ねぎとろイカ丼)を作ってみました。その時にこの漁火のいか丼を思い出しました。また、食べに行きたくなりました。(笑)

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top