すべらない BLOG

足の親指の爪が白い人は水虫です!放置したら歩けなくなりますよ!

スポンサーリンク

足の親指の爪の色が白くなったり黄ばんだりしていませんか?それって実は、病気です。爪の水虫です。知り合いにも聞いてみたら、男女問わずに悩んでいる人は意外と多いといことなので、以前の記事同様、爪水虫ネタで記事にしてみました。

image16爪の病気のなかで一番多いのは『爪水虫』だそうです。正式には、爪白癬(つめはくせん)と呼ばれています。日本人では10人に1人がかかっていると言われています。爪の中に白癬菌という水虫の原因菌(カビ)がすみついて起こる感染症です。
患者さんの男女比は男性が約6割、女性が約4割といわれていおり、近年女性も働く時代となったことで女性患者も急増中です。

 

 

僕は、通販で海外からクリアネイルを取り寄せ自宅で治療中です。病院に行かなかったのは、時間がかかるし、面倒だし、内服薬での長期治療と聞いて断念しました。そうしてたところに、この爪水虫用の市販薬ブログに行きついたおかげでクリアネイルに運命をかけてみることにしました。お買い得なクリアネイル2本セットを取り寄せ、まだ、1本目の途中ですがだいぶ白色が薄くなった気がします。

 

爪が白くなってから、かなり放置プレイしていたので他の指の爪にも少し菌が移っているようです。初期の段階なら親指だけのはずです。その指にもクリアネイルをつけています。この指は爪が厚くなりかけているので治療が間に合うかわかりませんが、2本セットを購入しているので使い切ってみたいと思います。

スポンサードリンク

爪水虫の市販薬であるクリアネイルを使って分ったのですが、もともと夏が近いくなると汗っかきのため、いたるところが痒くなっていたのですが、クリアネイルを毎日塗っているおかげで痒さから解放されています。おそらく、ほかの部分ににもクリアネイルの成分がぺっちょっと付いたりしているからかもしれません。(笑)

 

まさに一石二鳥!

 

白癬菌というのはカビですので人間の皮膚を覆っている角層や爪、髪の毛などに住み着いて感染症を引き起こします。高温多湿を好み、一般に20~40度、60%以上の湿度を好みます。汗をかいた後やお風呂上りがきちんとタオルなどでふき取りましょう。

 

爪の一部が白や黄色っぽく濁っている方がいるなら早めの治療をおすすめします。時間が経つに連れて、濁った部分が拡がって爪が厚くなっていくのですが、厚くなった爪はもろくてボロボロと崩れ落ちるようになるそうです。痒くないからと油断してはいけません。

 

爪白癬の場合は爪が厚く変形してくるとで、靴を履いたときに痛みが生じたり、ひどい場合には痛くて歩けなくなったりすることもあります。僕は、クリアネイルを継続し、早くきれいな爪に戻したいと思います。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top