すべらない BLOG

女性の一人暮らしは危険です!一階しか空いてない時の対策法

スポンサーリンク

日本は安全な国だと思っていましたが、ニュースなどを見るといたるところで犯罪が起きています。テレビのニュースにならない強盗・窃盗などは各県の警察のホームページを見ると分りますが、毎日のように起きています。

 

今後、さらに治安は悪化していくと考えています。その理由としては、経済が萎んでいく中で収入の格差が広がって行くことやグローバル社会が進むにつ入れて外国人の流入が増えていくと考えるからです。日本人だけでは、人口がどんどん減っていくので経済を萎ませないためにも仕方がない流れとなるでしょう。

 

まず、アドバイスとしてアパートやマンションを借りるなら1階はできるだけ避けるようにしましょう。防犯対策上、1階はメリットよりデメリットの方が多いです。数少ないメリットとして、『他人の目につきやすい』とか言われますけど、目についたところで他人は関心をしめさない時代です。

 

それでも経済的事情や不運にも部屋が1階しか空いていいなかった場合は、仕方ありませんので女性が一人暮らしで一階に住む場合の対策法をお伝えいます。

スポンサードリンク

一階でも安心して一人暮らしする方法

ニュースを見ていつも僕は驚くのですが、基本的に犯罪などに巻き込まれた女性って家の鍵をかけていない人多いですよね?!ありえません。せめて鍵ぐらいは短時間でも掛けるようにしましょう。犯罪を犯すような変質者から身を守るためには油断は禁物です。

 

防犯に効果的なのは『音』『視覚』です。まず、音(聴覚)として代表的な対策は、庭などに防犯用の砂利をひくことです。砂利の上を歩くと「ザクッ!!ザクッ!!」と大きな音が出ますので、かなりビビります。これだけでも侵入するのに勇気が必要となります。さらに防犯を強化したい場合は、大音量の防犯ブザーをドアや窓にセットできます。ドア・窓専用のものがあります。こうすることで変質者が驚いている間に逃げることもできます。

 

夜の対策としてセンサーライトなどもあります。LEDの光で威嚇し、人が近づくとライトで照らします。必要に応じてブザーを鳴らすタイプなどもありまので事前に相手の動きを知ることができます。ただし、猫などにも反応する場合がありますのでご注意ください。砂利、ブザー、などは設置、取り付けなども考えないといけないのでホームセンターなどでの購入をお勧めします。

 

次は、変質者の視覚に訴えましょう。防犯ステッカーを貼ったりしておくのもかなり効果があります。コンビニなどに「警察官立ち寄り所」と書いたステッカーなどがありますが、これもそうした効果を狙ってのことです。ステッカーだけでも犯罪が防げますので、是非とも目立つところに貼ってください。

 

最後に女性の防犯対策でよく言われるのが、男性の下着を干すというものがあります。しかし、正直それだけではパンチが弱いです。どうせならガテン系の男性を連想させるようなグッツを置いておきましょう!足袋や工事現場で使用するようなヘルメットがいいです。

 

女性をターゲットにするような変質者は、気が弱い男が多く、『男らしい男、男の中の男』に引いてしまう人間が多い傾向にあります。そういう心理的な部分も攻めていきましょう。

 

自宅に防犯対策を行ったとしても帰宅時に後をつけられるというパターンもあります。いわゆるストーカーみたいなやつですね。周りの状況などにも気を配りながら帰宅しましょう。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top