すべらない BLOG

台湾の屋台の味『薄焼き餅(冷凍)』を業務スーパーで購入!

スポンサーリンク

台湾の屋台でおなじみの『薄焼き餅』を業務スーパーで購入してみました!台湾に行ったことがないので屋台に本当に置いてあるかは分からないのですが、アジア系の屋台にありそうな雰囲気の商品です。

image2名前は薄焼きの『餅(ビン)』ですが、日本人が想像する餅(もち)ではありません。小麦粉を練って薄く伸ばした生地で、青ネギ、油などが練りこんであります。

image8説明書きには、普通に焼いてそのままで食べたり卵やベーコン、チーズ、野菜などのぐらいを巻いて食べても良いと書いてあります。

image9

スポンサードリンク


このように生地が折り重なっているのですが、一枚一枚ビニールのシートに包まれています。理由としては、冷凍から少しでも解凍状態になると生地同士が引っ付いてしまうからです。(よい配慮ですね)

image10薄焼き餅は冷凍状態ののままフライパンで焼きます。上記の理由から解凍はしたらいけません。焼く時は、油もいらないので、便利で簡単です。フライパンの大きさだけは注意が必要ですね。

image11フライパンにさっと置いて中火で5分くらい焼きます。狐色に焼けたらひっくり返して両面を焼くだけです。少し焼き色が濃い方が美味しそうに見えます。味付けは味塩コショウにしてみました。

image12完成しました!食べた感想は、外はサクサク、中はモチモチっとした食感で、塩加減が絶妙、素朴な味がおいしかったです。パンに非常に近いです。下の写真を見て頂けたら分かると思うのですが、何層かに分かれたようになり、まるでクロワッサンを食べている感じでした。

image13パンでいうところのクロワッサンで少々油が強めです。(2枚食べるぐらいなら気にならない程度)そうであるが故に、腹持ちも良く朝食なら1枚でも満足できます。価格は360円です。5枚入りですので1枚当たり72円です。コスパは良いと思います。アレンジ次第で、もっと活用できそうな気がします。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 昨年一年間中国に留学しておりました、玲です。葱抓饼懐かしいです。
    ちなみに餅は中国語で「ビン」で、ややこしいですがビソじゃないです。
    葱抓餅はcongzhuabing(ツォンジュアビン)と読みます。

    失礼致しました。
    これからも応援しております。

    • すべらない管理者

      コメントして頂きありがとうございます!
      『ビン』だろうと思いつつ、商品パッケージが『ビソ』に見えてしまい
      『ビソ』と書いてしまいました。ご丁寧に教えて頂き、本当にありがとうございました。
      勉強になりました。教えて頂けなかったら一生『ビソ』でした。(笑)

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top