すべらない BLOG

花粉症で病院に行くタイミングはいつ?判定までの時間は?

スポンサーリンク

誰でもなる可能性のある花粉症。ついに花粉症デビューをしたような気がします。『気がする』というのは現在、アレルギー検査の判定待ちだからです。

 

最近、目がショボショボしたり鼻がグズグズされていて「もしかすると花粉症かも?」と不安に思われている方や病院に行ったら、どのような段取りで花粉症の治療が進むのか?を知りたい方向けに記事を書きたいと思います。

 

僕の昨年までの状況としては、確かに『鼻水が少し出たり、目がショボショボするな~」といった感じでしたが病院に行こうとまで思いませんでした。

 

しかし今年になって、ある日を境に『鼻水』や『目のショボショボ』が酷くなり仕事に支障をきたすぐらい、辛くなってきたので、思い切ってかかりつけの内科の医院に行ってみることにしました。

 

花粉症ということで本来なら耳鼻咽喉科になると思うのですが、お世話になっている耳鼻咽喉科は子供やお年寄りの患者がやたら多く待ち時間が半端ないので混雑の少ない内科の病院(医院)に行きたいと思いました。

 

まず電話で病院に花粉症の治療(薬)ができるか聞いてみたところ、「大丈夫です。」とのことでしたので早速行ってみました。(耳鼻咽喉科でなくてもOKですね)案の定、耳鼻咽喉科より患者さんは少なく安心しました。病院の受付で花粉症だとお伝えし、先生に診察してもらいました。

 

目の周りも少し赤く、鼻水も出ているので先生も花粉症だと診断したようで採血して花粉症の原因となっている物質を特定することになりました。スギ、ヒノキ、ハウスダストいろいろアレルギーの原因となるものはありますからね。

 

薬に関しては、色々な種類があるそうなのですが、今の段階では花粉症の原因物質が特定されてないのでオールマイティに効く過去に出したことのある薬を出してくれました。

 

今は花粉症だけでなくPM2.5や黄砂、ハウスダストなど色々な原因があるのでアレルギー検査をしないことには先生であっても原因を特定することはできません。

 

アレルギー検査については、小さな医院やクリニックは、『アレルギー検査をするための医療機器』を持っていませんので『外注』といって近くの検査センターに代わりに検査してもらうことになります。よって結果が出るまで時間が掛かります。

スポンサードリンク

もし、アレルギー検査の結果を1日で知りたいのであれば、行こうと思っている病院がアレルギー検査の医療機器を持っているか事前に確認するのもいいかもしれません。先生からは薬を飲んで3日後ぐらいに再度、来てくださいと言われました。

 

アレルギー検査の機械の測定時間は15分ぐらいで判定します。検査の機械は15分で答えを出すのですから本来なら検査センターの方が採血管を医院に回収に来て、分析機に掛ければいいだけなので当日には結果が出ていると思うのですが・・・大人の事情なのでしょうか?!

 

 

それでは、結果が判明するまで待ってみたい思います。ちなみに今回の医療費(支払い)は2800円ぐらいでした。

 

3日後

 

処方された薬で花粉症の症状は治まりましたが、アレルギー検査の結果を聞きに病院に行きました。検査結果を見たところ、どうやらスギが原因だったようです。今回は、この結果を踏まえて違う薬を先生が出してくれました。

 

今回初めて、検査をすることで分かったのですが、花粉症には1から6までのレベルがあります。私は『1』でしたので花粉症としては軽度のものとなります。

 

花粉症の検査は、簡単にいうとスギ花粉など個別の物質に対するIgE抗体(免疫グロブリンEというタンパク質で発病に関わっている)を測定する検査です。IgE抗体については、それぞれのIgE抗体の量からクラス0~6の7段階に分けます。

 

クラス0が(-)、クラス1は(±)、クラス2以上が陽性(+)ですが、数字が大きいほどより強い陽性です。
この検査ではスギ・ヒノキをはじめ様々なアレルギーの原因を特定することができます。

 

今後、スギ花粉の多い日はマスク等の着用をし症状が重くならないようにしたいと思います。

 

★花粉症用のメガネを購入する際、気をつけるポイントの記事をご紹介★

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top