すべらない BLOG

ついに生まれて初めて株を買ってみました(楽天証券)

スポンサーリンク

NISA口座開設完了!

NISA口座開設には時間が掛かるとというブログを書いておりましたが、ついに自分のNISA口座をもつことができました。NISA口座が開設されるとようやく株を買うことができるようになります。

 

ただし、注意して頂きたいことが1つあります。実際に取引ができるようになるのは口座開設完了の連絡が来てから1日後ということになります。「早速、株を買うか!」と操作をしても無駄な作業になってしまうので注意してください。

 

今回の記事では、私が買った株の紹介と実際にどのように操作して株を購入したかを紹介してみたいと思います。

 

まず、購入した株についてですが、株主優待目当てということで、みなさんご存知の牛丼の『吉野家』の株を購入しました。ネット上では、株主優待目当ての“おすすめ”の株として吉野家はよく紹介されています。

 

吉野家の株主優待の内容は、保有している株数に応じてサービス券がもらえます。(2016年2月時点)

yoshinoya-400x300

100株~999株の株主に対して
2月末、8月末の半期毎に10枚の300円サービス券を進呈

1,000株~1,999株の株主に対して
2月末、8月末の半期毎に20枚の300円サービス券を進呈

2,000株以上の株主に対して
2月末、8月末の半期毎に40枚の300円サービス券を進呈

 

日本国内の吉野家、京樽、はなまる、グリーンズ プラネットの店舗で使えるそうです。半期に3,000円ということは年間6,000円分も食事ができるのは良くないですか?これは株価に関係なく保有する価値があると判断しました。

スポンサードリンク

楽天証券の株を買うまでの操作

楽天証券で株を買ってみましたが、初心者でも簡単に買うことが出来ました。webでどのような操作で株を購入できるか手順について記載したいと思います。

 

まず、前提として証券会社(楽天)にお金を入金しないと話になりません。すでに楽天銀行に口座を持っていたので、そちらにある“お金”を証券会社に移行させました。移行についてはサイトに説明が書いてあるので簡単です。アッという間にお金を移転することはできました。

image1実際に注文を入れるのは、この画面になります。初めてでも分かりやすいです。数量のところに『100』株と入力、価格のところは指値のところに自分が買いたい金額を入力します。次に自分の指定する金額の対象日を選択します。すぐに購入したかったので、執行条件を本日中にし、口座をNISAにチェック。暗証番号を入力すればOKです。

image

image3これで買い注文を出すことが出来ました。自分の希望する価格まで株価が下がれば株を保有することが出来ます。本日中に株価が自分の入力した株価以下にならなければ、その注文は流れてしまいます。

 

最終的には、無事に吉野家の株を購入することが出来ました。2月末で権利が確定されるので5月にサービス券が送られてきます。とても楽しみです。今現在、株価の方は購入した時よりかなり下がっていますが・・・。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top