すべらない BLOG

貧乏飯におすすめの定番缶詰”やきとり”大人気です!

スポンサーリンク

貧乏飯のシリーズ化となってきそうな『おすすめの缶詰の紹介』ですが、今回はいろんなスーパーでお見かけする定番の缶詰『やきとり』のご紹介です。塩味とたれ味を購入してみました。
image2スーパーで見たけど、まずそうだから買わないという方も多いと思いますが、そんなこともありません。140円前後で国産のやきとりを安心して食べることが出来るのです。
image7一人暮らしで貧乏な学生さんや社会人、災害に備えたい主婦の方まで色々な人の期待に応えてくれるのが、このホテイフーズの『やきとり缶詰』です。

やきとり 塩味

image2缶の色が、青が塩味になります。

image6食塩や醤油、チキンエキス、甘味料等で味付けされています。エネルギー量は118Kcalと他の味と比べて一番少ないです。ダイエット中の方には塩をおすすめします。

 

鶏肉の風味と炭焼きの独特な香りを堪能できます。食べ方は好みにもよると思うんですが、そのまま食べたほうが本来の食感が楽しめるかもしれません。

 

レンジであたためるとアミノ酸を含んだゼリー状のゼラチンが溶けてしまって、ちょつと水ぽっくなるのでオーブントースターで肉だけ焼くことをおすすめします

image8味付けとしては、たれと比べると比較的あっさりしいて、とても食べやすかったですよ。(炭焼き感も少しあります)量的には、ちょっと物足りない感じがしました。

スポンサードリンク

やきとり たれ味

image2缶の色が、白がたれ味になります。

image3発酵調味料、リンゴ濃縮果汁などで味付けされています。エネルギー量は150Kcalと塩味と比べて少し多いです。個人的には塩味より『たれ味』が好みでした。

image9こちらも塩味同様、オーブントースターで焼いてたれのある容器に戻すという食べ方がいいです。ここで缶詰のたれを捨てるのは絶対にやってはいけない行為です。(たれもうまい!)

おすすめの缶詰『やきとり』まとめ

缶詰『やきとり』はそのまま食べてもおいしいのですが、ネット上には様々な食べ方が提案されています。その中で特に気になったのが親子丼です。

缶詰『やきとり』で親子丼の作り方

image31.やきとりの缶詰を準備。(塩・たれは自由)玉ねぎや必要に応じて長ねぎを切っておく。

2.卵は溶いておく。

3.フライパンにやきとり缶を入れて火をつける。やきとり缶の煮こごりが溶けたら、玉ねぎ、長ねぎ、麺つゆ、醤油、水を入れ軽く混ぜる。

4.玉ねぎに火が通ったら、溶き卵を流しいれる。

5.卵にお好みの加減で火が通ったら、どんぶりのごはん上にのせて完成です。

★☆★一人分の材料★☆★
ごはん どんぶり一杯
やきとりの缶詰 1缶
卵 1個
玉ねぎ 4分の1
長ねぎ 10㎝分
麺つゆ(3倍濃厚タイプ) 大さじ1杯
醤油 少々
水 大さじ3~4杯

最後に、やきとりの缶詰でよく見かけるのは、塩味とたれ味なのですが、ホテイフーズのホームページを見ると、その他にも色々味があることが分かりました。

 

おつまみになりそうな『激辛味』『ガーリックペッパー味』『柚子こしょう味』なんかどれもおいしいそうです。スーパーで見かけたら買ってみようと思います。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top