すべらない BLOG

高野人母美の顔面崩壊とシリコン入りのポッチとカップが話題

スポンサーリンク

モデルボクサー 高野人母美

高野人母美さんを皆さんご存知でしょうか?モデル兼ボクサーとして活躍し、ボクシングの試合前の計量の時に男性が気になってしまう格好で登場し話題になります。
spo14033023370065-p1毎回話題になるパフォーマンスの中でも白無垢姿で調印式に現れ、お色気たっぷりの「貼る水着」の時はネット上でも大騒ぎになりました。

087a7_50_201511110100000thumbメークと着付けに3時間かけた花嫁衣装を脱ぎ、計量では昇り竜のシール型水着を貼ってお色直し。一見何を着ているのか不明で、関係者が「安心してください!着てますから!!」と笑いもとりました。

 

そんな高野人母美さんの『人母美(ともみ)』は珍しい名前ですよね。通常、知美とか智美とか友美ですよね。名前の由来は「人より母より美しく育って」という両親の想いからだそうです。

 

東京都墨田区両国出身です。5歳から5年間水泳、小学校6年間はサッカーをしていました。中学3年からは趣味でキックボクシングを始めています。小さいころからかなりアクティブだったことが良くわかります。

 

モデルへのきっかけは、立志舎高等学校在学中に竹下通りでスカウトされ、グラビア活動を開始、同校卒業後にモデルデビューしました。海外のファッションショーにも参加した経験があるです。当時の芸名は高野ともみでした。

image6モデルとしては、2009年には「第4回アジアスーパーモデルコンテスト」に須川春輝(現:春輝、モデルガールズ)とともに日本代表として参加し6位世界。4大ミス・コンテストの一つである「ミス・アース」日本代表ファイナリスト23人の一人に選出されたり、東京ガールズコレクションへの出演も経験しています。

 

2014年「週刊現代」袋とじでセミグラビアを披露した時も男性ファンからから注目され『ポッチ』が話題になりました。彼女はDVDなども発売しているので男心を分かっているのでしょう。

image4身長は177cmということで、女性としてはかなりの長身ですね。体重50kg(平常時)、体脂肪率9%前後、9頭身です。こんな素晴らしいモデル体型でありながらパンチングマシンの測定で160kgでます。

image3パンチングマシーンの機種はあきらかにされていませんが、ゲームセンターなどで昔見かけていた『デンジャラスバー(ナムコ)1995年』なら

image7『負け犬』39kg以下 『一般人』40-69kg 『ハードパンチャー』70-99kg 『ダウンタウンヒーロー』100-129kg 『ストリートファイトチャンプ』130kg以上 ですので彼女はかなりのパンチ力だということが分かります。

スポンサードリンク

高野人母美 顔面崩壊

2014年の6月プロ6戦目の時にカイ・ジョンソンという選手と戦った時に美しい顔が崩壊しました。高野人母美選手は、3回にカウンターをアゴにヒットさせてダウンを奪ったもののスタミナ切れとなりました。

 

最終的にカイ・ジョンソン選手にコーナーに詰められ、メッタ打ちにされたところでレフェリーが試合を止めた。強烈なパンチをもらい鼻が一瞬、変形、目はうつろ、美しい顔が腫れ上がった。
d4ced1564c9

高野人母美 美への追求

プロ4戦目のパフォーマンスの時に男目線も意識したプロボクサーだということが良くわかる出来事がありました。その時は、ウエディングドレス姿で計量会場に現れて度肝を抜くと、検診後には真っ赤なスポーツビキニに変身しました。

 

はかりに乗るとスーパーフライ級のリミット(52.1キロ)を600グラムオーバーしており関係者を困惑させたが、胸元から「私、シリコン入れてたんです」と病院から借りてきたという豊胸用のパッド2つを取り出し話題になりました。

image584センチDカップを90センチFカップに“増量”したパッドについては「減量すると胸からやせるのが悩み。これでリミットをクリアしたら来年手術しようと思ってました」とコメントしました。

高野人母美 彼氏は?

高野人母美さんは「プロボクサーとして現役でいる間は恋愛をしない。」と宣言していますので、現在100%の確率で彼氏はいないと思われます。実際に恋愛が成就したことがなく恋愛願望はあることを明かしています。

 

彼女の毎日の日課は、毎朝6時に起きてお寺で座禅を組むのと拳立て10回10セット、腹筋100回だそうで、もし彼氏が今できたとしても、彼女のストックさにそうとう引かれてしまうような気がします。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top