すべらない BLOG

ダーツの投げ方のコツ!女性は身長が低いから不利?

スポンサーリンク

ダーツの投げ方の基本を知ってお洒落に楽しむ!

一時期大ブームもすぎて、すっかり娯楽の一つとなったダーツ。福岡県内にも100施設ぐらいダーツができるところがあると言われています。ラウンドワンのような娯楽施設やダーツバーなども数多くあり、ちょっとお洒落な雰囲気で楽しめるのが人気のようです。

 

ダーツのプレイスペースはボードの中心(ブル)が基準となっています。ボードの中心から床面までが173センチ、ダーツボードの真下からスローラインまでが244cm。ボードには、ダブルリングとトリプルリングがありそれ以外の部分がシングルとなります。そのエリアのナンバーのダブルなら2倍、トリプルなら3倍の得点が入ります。また真ん中にはブルと呼ばれるエリアがあり、シングルブルが25点、ダブルブルが50点です。

ダーツには色んなゲームがあります!

ゲームは幾つか種類があり、それぞれに特徴があります。一番シンプルなのが『カウントアップ』と呼ばれているものです。全8ラウンド(24ダーツ)の合計得点を競うゲームです。このゲームの練習目的は、ズバリ「ブル(bull)」です。「ブルの確率を上げて得点を増やす」ということです。

 

まずは「1ゲームに一本はブル」に入れる目標を立て、徐々に目標を上げていき、「1スロー(1ラウンド)に ブル一本」までいけるように頑張らないといけません。この他にも持ち点を0に近づけていく『ゼロワン』やちょっとルールが複雑な『クリケット』などがあります。
20120626222646

ダーツの軌道と投げ方!女性が意識すること!

狙った目標に向かって真っ直ぐ刺すイメージを持って投げている人を多く見かけ ます。確かに、この投げ方でも目標のターゲットへ入れることはできます。しかし、ダーツを目標ターゲットまで真っ直ぐ飛ばすには、ダーツに勢いをがついていなければ真っ直ぐに届きません。つまり力を込めてで投げないといけなくなります。

 

ダーツは、矢のスピードを競うのではなく、正確さを競うゲームです。同じ所へダーツを入れるには、同じ投げ方ができなければ入りません。動作の再現性を上げ、なるべくブレが少なくなるように投げなければ上達していかないのです。ボードまでの 距離はわずか2m44cmですので、多少力を抜いても届きます。ダーツが放物線を描きながら目標に刺さるイメージで練習することをおすすめします。

image2ダーツの投げ方にはグリップ、スタンス、スローイングの要素があり、スローイングは、「アドレス」「テイクバック」「リリース」「フォロースルー」の4つの要素から成り立っています。初心者は基本的なスリーフィンガーのグリップでミドルスタンスから始めるのがいいかも知れません。

 

ただ、海外の有力プレーヤーは基本から外れた変わったプレイスタイルのプレーヤーが多いのですが、綺麗なフォームの日本人プレーヤーより実力があったりするので一概には言えません。投げ方のコツとしては、肘を中心に逆振り子をイメージして回転させ、紙飛行機を飛ばす感じをイメージすると良いと言われています。

 

テイクバックの時に手首が上を向く感じでそのあとは肘がぶれないように注意しましょう。リリースの時に大事なのは指離れ。三本の指が同時に軸から離れるのがコツです。どれかの指が最後まで残っていると軌道がぶれて安定しません。ゴルフのパターと一緒でダーツの投げ方には絶対という正解はありません。

 

このようにダーツは『力』や『体格』、『筋力』というより『再現性の勝負』と言っても過言ではありません。また、先ほど解説したように一直線に力を込めて目標を狙うものでもありませんので身長低い女性だから不利だという競技ではないことが理解できたのではないでしょか?

スポンサードリンク

ダーツが上手くなるために知っておくべきこと

また人間には利き腕があるように効き目というものがあります。まずは利き目をチェックをしましょう!人にはそれぞれ利き手があるように利き目もあります。利き手が右だからといって利き目が右だとはいいきれません。効き目を知るには遠くの目標を指先で隠すようにして片目ずつ閉じてみます。ブレが少ないほうが効き目ですので、そちらの目とダーツと目標が一直線になるように意識しましょう。

ダーツを投げるまでの流れをチェック

1.アドレス

体が硬くなってジーッと狙らってはいけません。理由としては、力んでしまう可能性があるからです。あくまでもリラックスしてください。構えてから狙うのではなく、狙ってから構えるように心掛けましょう。

2.テイクバック

これも人それぞれで、耳たぶ付近まで引く人、あごの下まで引く人、目の前まで引く人、はたまた少ししか引かない人と千差万別です。これではどうすれば???と思われるかもしれませんが、うまい人が意識しているのは折りたたむイメージが多いです。

3.リリース

早すぎても遅すぎてもダメです。全体のリズムが大切ですので、ゴルフのスイングのように頭の中でチャー・シュー・メンみたいなリズムを刻んでください。アドレスでイメージした先を直線上をダーツが滑っていくように。この時、肘が跳ね上がってしまっても構いません。

4.フォロースルー

ゴルフと一緒でフォロースルーは大切です。腕全体で最後までダーツを送り出すイメージ。手を伸ばせば入るものではありません。結果的に綺麗に(自然に)腕が伸びているんです。

ダーツ投げ方のコツ まとめ

再現性を高めるため、姿勢をきちんと体に馴染ませること。次に枠内に投げられるようになることで、枠内でどこか1ヶ所、確実に狙える場所を作ること(20のシングルがいいです)がポイントです。それができるようになったら、最後に、どこでも狙った場所に投げられるようにするなど段階を上げていく練習する方法がいいようです。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top