すべらない BLOG

東京オリンピック エンブレム再検討!盗作より酷い問題が発覚!

スポンサーリンク

エンブレム代金(税金)返却しろ!

東京オリンピックのエンブレム盗作問題。パクリエイター佐野研二郎さんの盗作問題が、業界を巻き込んだ大きな問題に発展しそうな状況です。

 

東京オリンピックエンブレム問題は、当初ベルギーの劇場のロゴと似ているという問題で発覚しました。佐野研二郎さんは盗作を否定。このころはテレビのコメンテーターも擁護していました。その後、『トヨタのリボーンマーク』や『豚鼻のマグカップ』も発覚。

 

そしてさらには、サントリーの『トートバックのロゴ盗作』が見つかり、コスタリカの博物館のロゴをパクッタ疑惑の『名古屋の東山動植物園のロゴ問題』など、数えきれないほどの問題がゴロゴロとロゴが発覚しました。(笑)どんだけパックっているんでしょうか?

 

佐野研二郎さんはサントリーのトートバックのロゴに関しては早々に「部下がパックりました!」と認め謝罪しました。これにはネットユーザーも怒り爆発。監修という言葉で部下のせいにして逃げた佐野研二郎を許しませんでした。

 

感の良いネットユーザーは東京オリンピックのエンブレムの盗作をいまだに取り下げようとしない佐野研二郎さんを本人だけでなく、周りの関係者まで調査したのでした。すると、この佐野研二郎のデザインを選考した選考会自体が”出来レース”だったという可能性でてきました。

『盗作』以上の悪行 エンブレム選考委員のメンバー

東京オリンピックエンブレム問題はエンブレム自体の盗作問題よりもこのエンブレムを選出したエンブレム選考委員が怪しまれはじめました。それはネット上で拡散を続けている東京オリンピック選考委員を含む相関図を見れば分かります。

imageこの相関図を拡大してみて頂ければ分かるのですが、佐野研二郎さんの周辺には兄弟やら友達やら仕事上の上下関係など”選考”にかかわる人間が多くいます。それはそれはパックっていても調査をきちんとしませんし「知らない」「問題ない」 と逃げますよね。

 

博報堂やら電通やらテレビ業界に影響をもった人間も多くからんでいるようで、どおりで批判されるのはネット上だけでテレビでは佐野研二郎が擁護されるワケがようやく分かることができました。(最近になってようやくテレビ関係者も手のひら返したように文句を言っていますが・・・)

スポンサードリンク

登場人物を紹介します。

佐野研二郎

ネット上での職業はパクリエイター。多摩美術大学美術学部総合デザイン学科教授。他人の過去の作品を探しだし少しイジッて新たな作品を生み出す独創的なデザイナー。メールサーバーに『ジャップ』という日本人を差別するようなネーミングを設定するなど韓国人ではないか?という噂がある。ネットユーザーからは日本のオリンピックのロゴを韓国人デザインさせるな!と色んなものが炎上している張本人。

 

佐野究一郎

佐野研二郎の兄。研二郎同様、韓国風のお顔立ち。東京大学法学部を卒業。経済産業省の官僚で頭がキレる人間である。富山県立近代美術館で開催された永井一正(オリンピックエンブレムの審査委員代表)のポスターライフ(イベント)では究一郎が尽力している。

 

永井一正

出来レースを作ったオリンピックエンブレムの審査委員代表。息子の永井一史は株式会社HAKUHODO DESIGN(博報堂 デザイン)代表取締役社長。多摩美術大学教授。オリンピック関連は、ほとんどが博報堂の関連のデザイナーで固められている。

 

永井 一史

日本を代表するグラフィックデザイナー永井一正の息子で佐野研二郎のお友達(多摩美術大学美術学部総合デザイン学科教授仲間)。パパに頼んで友達の研二郎君のエンブレムを採用させた可能性大。

 

長嶋りかこ

武蔵野美術大学卒業。博報堂を経て2014年にデザイン会社「village®」を設立。オリンピックエンブレムの審査委員。博報堂時代、佐野研二郎の元部下だった。ネット上ではりかこの作品も盗作ではないかと噂されている。

 

高崎卓馬

早稲田大学法学部卒業後に電通に入社。CMプランナー。東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員クリエイティブ・ディレクター。東京オリンピック公式エンブレムやサントリーのトートバッグキャンペーンの審査員を務め、佐野研二郎の作品を選出した。

 

浅葉克己

アートディレクター。2014年に長嶋りかこが毎日デザイン賞を受賞したが、このときの審査員の中には浅葉克己と佐野研二郎の名前が挙がっていた。

 エンブレムは日本のために変更せよ

このようにオリンピック選考委員の関係者が『真っ黒』だということがこれで分かったと思います。このメンバーで国民の税金を搾取しようとしていたと思うと腹が立ちます。

 

オリンピックのエンブレムの選考だけでなく毎日新聞が主催する毎日デザイン賞も佐野研二郎さんが審査員に回り、長嶋りかこさんを受賞させるなど”名誉”と”お金”を関係者でグルグル回していることも分かりました。

 

日本のデザイン力に独創性がないのは、このような業界の歪みが原因かもしれませんね。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top