すべらない BLOG

【画像】有働由美子が脇汗で謝罪!その影響で制汗剤バカ売れ

スポンサーリンク

みなさんは、2,3年前にNHK朝の情報番組「あさイチ」のキャスター有働由美子アナウンサーが、視聴者から“わき汗”に関するクレームを受け謝罪したことをご存知でしょうか?

image3有働さんはその時に半袖の衣装姿で出演していたが、「災地では節電対応を余儀なくされている。テレビ局では半袖でも過ごせるほど暖房の温度を上げているのか」というクレームだった。

 

番組出演中に“わき汗”をかいている姿が話題となってきた有働さん。これまでにも同番組宛に苦情を寄せられており、自身でもしばしば、わき汗をかきやすい体質であることをカミングアウトするとともに、謝罪していました。

 

 

脇汗をかくので半袖にしていました」と“わき汗対策”をしてのぞんだが、思わぬところで苦情を受けることとなってしまった有働アナは、苦情のFAXを、自分で読み上げて謝罪し、話題となっていたのでした。

 この出来事が開発のきっかけとなる

わきの下にできる「汗染み」を防ぐため、汗を出す「汗腺」にふたをして汗が出ないようにする制汗剤の改良が進み、幅広い年代の女性から『制汗剤』が人気を集めています。

スポンサードリンク

開発のきっかけになったのは、有働さんの「わき汗論争」だった。

image3今までの制汗剤は、薬剤をわきの下に塗ることで汗腺の出口をふさぐなどして、汗を出にくくするものだ。ただ、従来品は、わきが服にこすれたり、肌が伸び縮みしたりした時に薬剤が取れやすく、効果が長続きしにくいものでした。

 

しかしながら、ライオンが昨年発売した「Ban汗ブロックロールオン」は、ヘアスプレーなどに使われているポリマーを混ぜたことで塗った薬剤がコルク栓のように固まり、取れにくくなっています。汗を止める効果が長続きするようになり、日常的に動いても日中は効果が続くそうです。

Ban汗ブロックロールオン」を買っているのは主に、服のわきの部分に汗染みが出来るのを嫌がる女性だそうです。制汗剤は年100万個が売れれば成功とされるなかで、発売から1年4カ月で500万個売れました。

 

ライオンにしてみれば、有働さんの「わき汗論争」様様ではないでしょうか?

 

各社の新商品投入も相次いでいます。今年2月にはニベア花王が同様の効果を持つ「8×4(エイトフォー)ワキ汗EX クリームカプセル」を発売。制汗成分の濃度を高め、「特別に緊張する日の汗も抑える」という。ロート製薬も2月、おもに若い年代向けの「リフレア 汗シールド」シリーズを売り出したそうです。

 

商品紹介になりますが、上記以外の商品以外にも、今までの制汗剤添加物が多すぎると納得がいか無い方へ 、合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・ パラベンといった添加物を一切配合してない制汗剤もあります。

 

サラサラの使いごごちで9割以上の方が満足しています。商品の説明リンクは下の画像からお願いいたします。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top