すべらない BLOG

魚の骨が喉に刺さった時の対処の順番!病院に行く前に試すこと

スポンサーリンク

人生に一度は遭遇する事件と言えば、魚の骨が喉に刺さってしまったこと。

 

最近では、洋食化が進み肉料理が多く魚料理自体が少なくなってきているようです。スーパーには調理済みの魚がパックに入って並べられていますので、小さな子供たちの中には魚の骨の存在を知らない子もいるなど信じられない話もあります。

 

まずは、魚をいっぱい食べて上手に食べられるようにならないといけませんね。

 

今回は、僕も幼いころに経験した喉に魚の骨が刺さった時の『対処法』を『順番』に書いてみたいと思います。一番の対処法は病院に行くことなのですが、それだけだと話が終わってしまうので病院に行くというのは最後の手段にしたいと思います。

 

1.痛みを我慢できるなら少し時間を置いてみる。

お医者さんの中には「ほっといても大丈夫」といわれる方がいるぐらいです。まずは、自然に骨が取れるのを待つという手段です。ちなみに骨が溶けることはありません(笑)

 

2.つばを飲み込んだり、お茶やゼリーを流し込む

刺さりが浅い場合や小さな骨の場合などは、この方法で自然に取れることがあります。イガイガしているのが喉の入り口付近なら、ご飯の丸のみで取れることもあります。

 

ただし、場合によってはご飯の丸のみで余計に深く刺さる場合もありますので卵かけご飯をお勧めします。

 

子供の場合、ヘタしたら喉に詰まらせるリスクもありますので、あまり堅いものを飲み込むことは避けてください。

 

3.鏡をのぞいて骨が確認できる位置にあるなら、指やピンセットでつまみ出す

ただし、ピンセットで粘膜を傷つけたり、さらに骨を押し込んでしまう可能性もあります。骨の摘出が難しくなるので、くれぐれも無理はしないようにしましょう。

 

4.耳鼻咽喉科へ行く

1から3を試しても魚の骨が取れず、痛みや違和感を我慢できないなら耳鼻咽喉科で取ってもらいましょう。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top