すべらない BLOG

6人乗りの車をご紹介!5人、7人、8人乗りは駄目という方へ

スポンサーリンク

6人乗りの車をネットで探したりしていると6人以上が乗れる車を紹介されてしまいます。「違う!違う!気持ち伝わっていない!」という感じになります。僕は”6人乗り”を探しているので7人乗り、8人乗りの車を探しているわけではないのです。

 

必要以上に「乗せたくない」というニーズもあると思うのですが・・・?!(ケチ??)そういうことで今回は新車で購入することができる6人乗りの車、6人以下しか乗れない車をご紹介したいと思います。

 

どの車も人気のある“おすすめ”の車です。ただし、共通して言えることは3列目はあくまでも補助席で長距離の移動となると辛いです。短距離専用ということで考えてくださいm(__)m

1.ホンダ フリード

ホンダのハイトコンパクトな5ナンバーワゴン、「フリード(FREED)」、「フリードハイブリッド(FREED HYBRID)」があります。

top_main_011.5L 直列4気筒SOHCで、最高出力118馬力、最大トルク144Nm(14.7kgm)/4800rpmを発生。トルクコンバーター付CVT(無段変速オートマチック)、もしくは5速ATを組み合わせています。

image37人乗りも準備されているようですが、2列目のセンターがキャプテンシート(二人掛け)のものをチョイスすれば問題なく6人乗りとなります。

image

追記

ホンダフリードが8年ぐらいぶりにモデルチェンジしました。

074_o旧フリードと比べシートを薄くするなどの工夫を凝らし室内広くなっています。3列目も少し広くなった印象です。

image4

2.ホンダ ジェイド

紹介する3台の車の中でもっとも新しい車です。ホンダが開発した上質な走りを備えた6人乗りのミニバンです。

01_sセダン並みの低全高で美しいフォルムの中に、ミニバンクラスの居住性とユーティリティーを実現。足回りや床下部品の小型化を徹底し、効率良くレイアウトした超高密度低床プラットフォームを採用しています。

image6エンジンは、1.5L直噴DOHC i-VTECエンジンをベースとしたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」を搭載し、7速デュアルクラッチトランスミッションを設定。最近では、新開発の直噴1.5L VTEC TURBOガソリンエンジンを搭載した「RS」を追加設定。トランスミッションは、CVTを新たに開発しています。

スポンサードリンク

3.トヨタ ウィッシュ

ウイッシュにはエンジンが1.8Lと2.0Lの二つの設定があるのですが6人乗りが設定されているおは2.0Lになります。

wish_112003年1月に発売した初代ウィッシュ。2代目は「スマートマルチプレイヤーウィッシュ」をテーマに、5ナンバーサイズをベースに、Dual VVT-iとバルブマチックを採用し、1.8Lと2.0Lエンジンを搭載しました。トランスミッションはSuper CVT-i(自動無段変速機)との組み合わせとなります。

carlineup_wish_interior_indoor_space_2_23_pcメインとなるグレードは1.8(7人乗り)となり、走りを重視したオーバーフェンダー装着モデルが「2.0Z」(6人乗り)というグレードになります。安全装備としては、S-VSC(ヴィークルスタビリティコントロール)、サイド&カーテンシールドエアバッグ、運転席・助手席のアクティブヘッドレストを全車に標準装備しています。

 

モデル末期ということもあり装備が充実していますね。

試乗してきました!

近くのホンダで試乗してきました。運転はしていませんが・・・・。3列目が一番“まし”なのはフリードです。

 

ジェイドの3列目は想像していたよりかなり狭いです。ないものと考えるべきです。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 次の車の候補を探していてこちらに来ました。
    3列目が一番ましなのは「フィット」です。と書いてあるのですが、「フリード」「ジェイド」?どちらですか。

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top