すべらない BLOG

ゴルフ会員権 メリット・デメリット

スポンサーリンク

今回は『ゴルフ会員権のメリット・デメリット』のお話です。

 

 

ゴルフをしている人なら誰でも一度はゴルフ会員権という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。ゴルフ会員権とは、簡単に言えば会員制ゴルフ場の利用権のことです。

 

ゴルフ場には一般の人でも利用できるコースの他、会員権を持つメンバーだけがプレーできるコースがあります。いわゆる『パブリックゴルフ場』と『メンバー制ゴルフ場』。ゴルフ場は、2つに分類できるのです。

 

メンバー制ゴルフ場の場合、そこでプレーするにはゴルフ会員権を購入しなければなりません。

 

実は日本のゴルフ場は90%以上が会員制ですが、このメンバー制ゴルフ場でも最近は経営が苦しくほとんどのゴルフ場が会員権を持っていなくても(メンバーの紹介がなくても)プレイできます。

 

楽天ゴルフでネット予約できるゴルフ場は、ほとんどがメンバー制のゴルフ場ですが誰でも予約できる状況をみて頂ければ分かって頂けると思います。逆に楽天などの予約サイトにないゴルフ場があれば完全なメンバーシップコースです。

スポンサードリンク

ゴルフ会員権のメリット・デメリット

ゴルフ会員権を購入することのメリットは、プレー料金が一般に比べ割安になることです。また、会員権を持つことによって、メンバーシップゴルフコンペ(月例杯)に出場することができ、正式なハンディキャップを取得できます。

ホームコースを持つことによって他のゴルファーとの交流が図れることは大きなメリットですね。

 

逆にゴルフ会員権購入のデメリットといえば、ゴルフ会員権の価格は市場相場で決まるという点。株価のように価格が変動するため、売却によって損をすることもありえます。プレイ料金についても昔に比べて安い(平日はメンバーとあまり料金が変わらない)ためメリットは薄れつつあります。

 

また、ゴルフ会員権を維持するためには年会費がかかるので、あまりコースに出ないゴルファーにとっては負担が大きいといえます。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top