すべらない BLOG

トランス脂肪酸とは何か?高含有量なら危険な体に・・・

スポンサーリンク

食品医薬品局(FDA)は食用油などに含まれ、狭心症や心筋梗塞が指摘される『トランス脂肪酸』を、2018年6月までに食品添加物から全廃すると発表しました。

 

トランス脂肪酸とは『油脂に含まれる栄養素』の一つです。天然に食品中に含まれているものと、油脂を加工・精製する工程でできるものがある。

 

実は、牛肉や羊肉、牛乳や乳製品のなかに微量のトランス脂肪酸が含まれています。液体の油脂から半固体、固形の油脂を作り出す工程や油脂中の不純物を除去する工程でトランス脂肪酸がつくられてしまいます。

 

スポンサードリンク

よって、全てではないですが、みなさんが食べられているマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナツなど洋菓子、揚げ物などにもトランス脂肪酸が含まれています。

 

FDAは科学的妥当性を検討してきた上で結論として食品に使う上で「安全とは認められない」と決めたようです。

 

食品業界には3年間で代わりの添加物を使うなどの対応が求められています。(大変ですね・・・。)

 

日常的にトランス脂肪酸を多く取りすぎている場合、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈性心疾患(CHD)のリスクを高めてきてましたが、この取り組みによりFDAは「心臓病を減らし、年間数千件の命に関わるような心臓発作を防ぐことができる」とみています。

スポンサーリンク

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
* (公開されません)
*

Return Top